×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

news


早くも、ねねむワークショップVol.2を開催します!!




『ねねむワ-クショップ Vol.2』


日時:2013年3月3日(日)

12:30~16:30  講師: 陽 茂弥

17:30~21:30  講師: 霜村 佳広


会場:方南和泉会議室(洋室1)<詳細>


料金:1クラス 1,500円/2クラス通し 2,500円



参加のご希望はメール(nenemu.michikusa@gmail.com)にてお願いします。

その際はメールタイトルを「ねねむワークショップ申し込み」とし、

①参加を希望するクラス、②お名前、③年齢、④連絡先(電話番号)

を記入しお送り下さい。


※ どちらのクラスも大いに身体を動かしますので、運動の出来る着替えやタオル、飲み物などをお持ち下さい。

みなさまのご参加を心よりお待ちしています!!







12:30~16:30  「踊りを発見するワークショップ」


講師: 陽 茂弥


対象:ダンス未経験~初級者(年齢問わず)


ゲームなど遊ぶように身体を動かし、その中から面白い動きをピックアップ。

それをつなぎ合わせてダンス作品を作ってみるワークショップです。


内容:

・ふだん意識をしていない体の部分を意識してみよう!

・決められてルールの中でゲームをするように身体を動かしてみよう!

・言葉をダンスに変換して、ダンスで会話をしてみよう!

・そうして発見した動きの数々をつなぎ合わせて、小さなダンス作品を作ってみよう!





17:30~21:30centering & neutralize workshop for dancers」


講師: 霜村 佳広


対象:ダンス経験者(初級~中級者)


内容:

「立つ」ためのcentering 「動く」ためのneutralize誰もが持つ身体構造と重さへ焦点を当て、それらを効果的に利用する方法を紹介します。

動くために動きだす前の体を探るワークショップ。






講師プロフィール


陽 茂弥(ようしげや)


1976年東京生まれ。

学生の頃は舞台衣裳や役者を目指し活動していたが、97年に大駱駝艦の人々との出会いをキッカケにいきなり踊り始める。

今までに、ニブロール、金魚(鈴木ユキオ)、若衆、大豆鼓ファームなど、コンテンポラリーダンスや舞踏の公演に数多く出演。

01年よりソロでの作品をコツコツ発表。

06年にねねむを旗揚げ。

12年7月に上演された第9回公演「温風」までの全ての作品の振付、演出を担当している。

BankART Cafe Live Series2006カフェライブ賞受賞。





霜村 佳広(しもむらよしひろ)


1981年 東京生まれ。

2001年 本格的にダンスを始める。

演出家振付家の嗜好にこだわらず、様々な舞台への出演を続ける。

様々な振付家を渡り歩く過程でバレエやジャズにストリート、日舞などの多種多様なダンスの身体性を身につけていく。

2004年 舞踏ダンサーとしてバンド「渋さ知らズ オーケストラ」に参加。

日本国内のライブ活動をはじめ、海外ツアー公演、同名義の演劇やワークショップを行う。

これらの活動を経験し即興表現への道が拓かれる。

現在は活動の場を古民家や寺などの劇場空間外へと拡げ、音楽家をはじめ映像作家や華道家など、様々な表現形態のアーティストとの共演を展開している。

2011年 活動拠点をベルリンに移す。

Kunsthaus Tacheles レジデンスアーティストとの共同企画「Japaranoia」「Wide Scope Experimental」へ出演及び企画運営で参加。

2012年 ケルンにて Yoshie Sbahara 「EXUVIAE」に出演(Kölner Tanztheaterpreis 2012 受賞)。

同作品にてドルトムンドのダンスフェスティバルFAVORITEN 2012に出演。

ギャラリーGH36にてウィークリーワークショップを開催。

即興パフォーマンスグループ「Shrimp」を発足。

出演以外の活動では振付け指導、身体操作指導、ワークショップの開催、イベント企画などを行っている。